Hardanger violin

ハルダンゲルバイオリン 

ノルウェーのハルダンゲル地方の民族楽器ハーディングフェーレ。
日本ではそれを直訳したハルダンゲルヴァイオリンという名前で親しまれている。
楽器には真珠母貝の螺鈿細工や、ドラゴンの彫刻の装飾が施されている。一般的なヴァイオリンのように4本の弦が張られ、その下にさらに共鳴弦と呼ばれる細い弦が4本~5本張られている。
上の弦を弾くと共鳴して響くため、オーロラのような美しい響きを奏でることができる。

S__25632840